10年ぶりに更新したら火災保険の値上がりがすごくて恐ろしかった件

久しぶりの大家ブログです。
契約している火災保険が10年たち更新することになりました。
現在の契約は損保ジャパンで10年契約で約100万円でした。

今回の更新にあたり届いた見積もりがなんと

5年契約で 160万円 

年数半分になっているのに、金額は1.6倍です。
10年間の間に日本に色々おこり過ぎ。

なんとか費用を抑えられないかと、各保険会社に相見積もりしたところ、

東京海上日動 → 高い
あいおい → 住居契約だと安いけど、店舗併用契約ができず結果高い

ということで一周回ってやっぱり損保ジャパンにて契約更新をすることになりました。

建物の補償金額を下げたり、不要と思った特約を外したり諸々して最終的に

5年契約で 130万円 (地震保険込み)

ほどになりました。それでもだいぶ高い。

保険の営業マンの知識の差って結構あるなということ実感しました。
地震保険は最高5000万円かと思っていたけれど、共用住宅の場合は1戸あたり5000万円となるため、オーナーはそれ以上の金額(建物の50%〜30%)で契約できる。とか、
地域によって保険金が違う。とか、
店舗型の保険相談窓口にも行ってみましたが、そういったところはオーナー案件をほとんど対応したことがないそうです。
保険会社直営代理店と契約するのが良さそうです。
いろんな人に会って信頼できる営業マンを見つけることが大事です。

今後ますます上がっていくであろう保険金額。5年後が恐ろしいです。

タイトルとURLをコピーしました